<   2006年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

天皇陵・古墳の学術的研究・保存を早急に求める

[高松塚古墳]壁画損傷こっそり補修、東文研所長が指示
 奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末~8世紀初め)で、作業中の文化庁や東京文化財研究所(東文研)の調査員が02年に国宝壁画を傷つけ、公表せずに補修していた問題で、補修が当時の東文研所長で、現在は文化庁の同古墳壁画恒久保存対策検討会座長を務める渡辺明義氏(70)の指示で行われていたことが14日分かった。補修にあたった複数の当事者が検討会のメンバーになっていることも分かり、関係者からは検討会の正当性を疑問視する声が上がっている。
 東文研は、文化財の保存と修復技術の調査研究をする独立行政法人の機関。高松塚古墳では美術などの専門家が傷んだ壁画の修復などにあたっている。
 指示は文化庁の内部資料、「高松塚古墳修理日誌カード」などから分かった。事故はこの年の1月に起き、その場で補修が行われたが、2カ月後の3月28日の日誌によると、渡辺氏は同日午前、現地を訪れ、「事故部分には周囲の土を殺菌して、水だけで溶いて塗付する」と方針を示した。作業は午後、その方針通り行われた。
 渡辺氏を含め補修に当たった7人のうち4人が検討会(24人)の委員。【栗原俊雄】

 上記で「指示は文化庁の内部資料、「高松塚古墳修理日誌カード」などから分かった」とあるが、「朝日新聞などが文化庁に情報開示を請求したことで明るみに出た。分厚い現場の作業日誌を丁寧に読んでいって、ようやくたどりついた事実だ。逆に言えば、情報開示を求めていなければ、日の目をみることはなかった」(「06/04/16付け朝日新聞・社説」より)ものだ。

「検討会の正当性を疑問視する声が上がっている」というが、渡辺座長は、15日になって座長の座と共に委員も退く意向を示している。
 高松塚古墳の壁画にカビが発生したことが報じられた時は、下手に外部からの手が入ると長年にわたってとりあえず残ってきた壁画も傷んでしまうのかと、学術的調査・研究に待ったが掛かるのかと思われたものだが、なんのことはない、「工事関係者が規定に従わず、防護服を着ないで古墳内で作業したため、石室内にカビの大発生を招いた」ものだったのだ(「06/04/16付け朝日新聞・社会面」より)。
 こうした不祥事を隠す仕儀は、東京文化財研究所(東文研)の姿勢のみならず文化庁の体質に無縁ではないように思われる。
 天皇陵に限らず国宝などの文化財の保存を文化庁の管理に任せておいていいのか、不安でならない。
 数知れない古墳の中には徹底した調査をすれば壁画などの貴重な文化財が見つかる可能性があるのではないか。特に古墳などを雨ざらしのままに風化させてもらっては困る。

 以下、5年前に某フォーラムに投稿した関連する記事をホームページのエッセイ欄から原文のままに転記する。

続きがあるよ
[PR]
by at923ky | 2006-04-16 12:34 | コラムエッセイ