<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

melma!blogサービス終了!

無精庵徒然草」は、事情があってこの「ココログ」と「melma!blog」にてアップしてきた。
c0008789_1863815.jpg 事情というのは、ブログを始めた頃、そもそもブログなるものが分からず、とりあえず取っ付きやすそうな「melma!blog」にて試験的に配信し、使い勝手などを確かめてみたのである。

← 真ん中付近の街灯の灯の直下に注目。明け方の月なのです!

 約二週間ほど運用してみて、なるほどHPと比べて一長一短はあるものの、文章や画像などをアップするという意味では小生にはとても楽で助かることが分かった。
 文章をアップする。小生はメルマガを02年の3月初めより(HPに遅れること一ヶ月ほどのこと)配信してきた。メルマガにて公表した文章は、随時、HPに掲載してきたが、どうにもアップ作業が追い着かず、数百個の文章がメルマガ配信による公表に留まり、HPには掲載できずにきた。
 それらの文章をHPにも収めたいと、それなりに努めてはきたが、溜まる一方という状況は一層、募っていくばかり。
(尚、申し訳なくも情なくも、肝心のメルマガは配信が頓挫したまま。やはり、今のところ、「無精庵徒然草」で手一杯なのである。アップを待つ書評エッセイ群をブログサイトに載せ終えた段階で、再度、態勢の見直しを図るつもりなのだが、今のところ不透明である。)
 そこへ、一昨年だったろうか、小生もブログという簡易な日記公表サイト方式があることを知った。半年余り、幾つかのブログの運用振りを眺めてきた。これなら自分にもなんとか出来るかもと感じられてきた。
 けれど、何事も腰の重い小生、ズルズルと昨年の夏を迎えてしまった。サンバに夢中になったりして、メルマガではなくHPに最初から掲載するレポート、そしてなんといってもサンバダンサーやバテリア陣らの画像を載せる機会も増えるばかり。
 とうとう、晩生の小生、昨夏、ついにブログに挑戦することに決めたのである。
 が、小生のこと、まずは簡単そうに見えた、また、たまたまメルマガの配信にも使わせてもらっていた「「melma!」の公式サイトを眺めていて、よし、やっちゃおう! と思い立ったのである。 
 それが、「melma!blog」なのだった。
 ついで、上記したように「melma!blog」での二週間の運用を経て、「ココログ」での運用に踏み切ったのである。
 このため、二つのサイトで全く同じ内容のブログ「無精庵徒然草」を運用する結果となったのである。
 それぞれに一長一短がある。「melma!blog」には下記するように、日付どころか、アップした時間までが記録される。アクセスも多かった!
 御蔭様で、ブログに手を染め始めたことで、溜まっていた雑文もブログサイトへのアップ作業も捗り、アップを待つのは書評エッセイを中心に残すところあと30個ほど(但し、メルマガで配信した文章のうちコラムエッセイを中心の約100個ほどの雑文は日の目を見る予定はない)。

 ところで、先ほど、たまたま「melma!blog」の公式サイトを覗いてみたら、なんと以下のような案内が:

melma!blog会員の皆様へ

「melma!blog」は2005年11月末日をもってサービスを終了することとなりました。
これまでご愛顧くださった皆様には、大変ご迷惑をおかけすることとなります。
詳細は下記よりご確認くださいませ。


 小生には全くの寝耳に水の話。
 これは困った。拙い!
 何が拙いかというと、アップした時間はともかく、上記したように「melma!blog」で先行する形で二週間、ブログを運用してきた。その間の文章は、当然ながらがこの「ココログ」での「無精庵徒然草」には載っていない。
 小生は、過去に書いた文章は、ネットの世界に参集した当初の一年分ほどを除いては、一切、保存していない。紙への印刷もしていない。全て、メルマガのサーバーかHPか(今はブログサイト)のサーバーに残っている(のを期待する)だけ。
 よって、ここに、「melma!blog」にて先行して掲載した雑文類をここに再掲しておく。
 但し、アップに際し画像は省きました。
                                   (05/11/05記)

ここをクリックして覗いてほしい!
[PR]
by at923ky | 2005-11-05 13:13 | 日記・雑事

グローバリズムの影に怯える

[本稿の末尾に追記があります。]

 昨年の2月にインド西部の州グジャラートで起きた暴動を知る人は、日本では少ないかもしれない。事件勃発当時は日本でもニュースにはなっていたけれど。
 所詮は遠い地の出来事に過ぎないのかもしれない。
 小生にしてもそうなのだが、「ヒンズー教徒とイスラム教徒の間での暴動事件に引き裂かれた」事件の一つに過ぎないのだと思っていた。ただ、その事件での死亡者が多数に上ること、焼き討ちなどで「10万人近くが家を失った」ことがあり、日本でもニュースになったのだろうと思っていた。
 宗教的対立の凄まじさ。
 が実は、この事件の背後には、インド国内の宗教対立に隠されたもっと別の原因が潜んでいることを、小生は『 哲学クロニクル』というメルマガの「第351号 (2003年2月11日)帝国との対決(1)」で知った:

 その号に掲載されているのは、1997年度のブッカー賞を受賞したインド人の作家であり環境保護運動家であるアルンダティ・ロイ女史の講演である。
 彼女によると、

昨年の三月のことでした。グジャラート州では、国が後援した組織的な虐殺計画によって二千人のイスラーム教徒が殺戮されました。裸に剥かれ、ギャングにレイプされ、そして生きたまま焼き殺されたのです。放火犯たちは、店舗、住宅、繊維工場、モスクに火をつけて、略奪したのです。一五万人以上のイスラーム教徒が家を追われています。イスラーム教徒のコミュニティの経済的な基盤は破壊されました。


More
[PR]
by at923ky | 2005-11-03 21:33 | コラムエッセイ