<   2005年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

テレビゲームの未来

[ 本稿は3年程前に書いたものである。議論は精緻に(?)なったようだが、以前、その帰趨は不透明なままである。ゲームについては、ひところのビデオ以上に邪悪視されることすら、あったりする。AVものがエスカレートして、監禁・調教モノが犯罪を助長しているとも、一部では言い募っているようである。
 けれど、こうしたビデオやゲームが人の妄想を膨らませる一方、架空の中で妄想という形で行き場のない情念が蕩尽されることで現実世界での犯罪傾向を幾分なりとも緩和しているのだ、という意見も少なからず見受けられる。
 小生自身は、ビデオについては、時につい犯罪に走ってしまう異常な人、異常な事態もあるけれど、むしろ、今のところは緩和乃至浪費することで犯罪性向を緩和している側面のほうが大きいのではという感触を持っている。けれど、ゲームについては、やや否定的な観測をしている。そう、感触・観測に過ぎないのである。なかなかこうだという結論に至る決定的な論拠が見出せないというのが実状なのではなかろうか。 (05/05/29 up時追記)]

 テレビゲームがますます隆盛を極めようとしている。別名、コンピューターゲームともいう。ファミコンを使ってのゲームも含め、日本でも有数のメーカーが開発を競っている。いまや、その裾野の広がり(AIBOなど)からして、日本の基幹産業になりそうな勢いだ。
 日本市場では、「プレイステーション2」らの日本陣営とマイクロソフトの「X-Box」との熾烈な戦いが始まっている。
 ただ、そうしたシミュレーションゲームの功罪(特に罪)については、昔から言われてきた。やれ、他の遊びも含め、家族や友人との交流が減る。減るだけではなく、苦手になる(対人関係が苦手だからゲームに走る?)。
[ここでは、実際の碁盤や将棋盤の上での囲碁や将棋、カルタ、などは想定していない。あくまでモニター上でのゲームである。逆に言うとモニター上での将棋や囲碁や麻雀にのみ興じるなら、考察の想定に含まれるということ]

More
[PR]
by at923ky | 2005-05-29 00:38 | コラムエッセイ

芸能人とCMの関係とは(コメントへのレス)

[本稿は「芸能人とCMの関係とは」に寄せられたPさんのコメントへの返事として書いたものです。]

 Pさん、こんにちは。
 26日に江角マキコさんが釈明会見をされていました。綿密に打ち合わせ(口裏合わせ)した上での会見のように思えました。
 これは、穿った見方なのですが(あの会見を聞いていて、更に諸般の事情を鑑みて思ったことですが)、もしかしたら彼女の今回のケースは、実は確信犯なのではないかと思ったりしました。
 まあ、彼女が、というのは、難しいとしても、彼女が国民年金に未加入であることを知った上で広告に起用したのでは、と思えるのです。
 つまり、そのことによって社会保険庁にスポットライトが浴びる、いかに広告費を安易に使っているかに注目が集まる、広告費だけじゃなく、いかに多くの職員の天下り先が確保されているかにマスコミが注目し、ワイドショーでも社会保険庁の問題点を指弾するような特集番組を組むようになる、本来なら必要度は高いし関心も深くあるべきだけど、話題としては地味でワイドショーには到底、採り上げられない年金制度の改革という話題も、女優が絡むとなれば、俄然、注目度は高くなる、というわけです。
 これは、勿論、穿った見方に過ぎないのですが。 

More
[PR]
by at923ky | 2005-05-22 10:53 | コラムエッセイ

芸能人とCMの関係とは

 女優の江角マキコさんの事件が世情を騒がせている。人気女優絡みということで、ニュースのみならずワイドショーでも盛んに採り上げられている。国会でも話題になり、官房長官や野党の党首達、ついには首相も言及する羽目に。
 事件の経緯・顛末などについては、小生のような野暮天より、多くの方のほうが詳しいに違いない。それでも、念のため、下記サイトを利用させてもらって、大雑把ではあるが、経緯を把握しておきたい: (asahi.com

 タイトルには、「国民年金PRの江角マキコさんは未加入、社会保険庁抗議」とある。これだけでも、大凡のことは分かるかもしれない。「昨年7月からポスターやCMで国民年金のPRをしている女優の江角マキコさん(37)が国民年金に未加入だったことが22日、わかった」というのが、騒ぎの発端である。
 さらに、「社会保険庁は契約時に広告会社が提出した「加入している」との書面を信用していたが、マスコミの問い合わせを受けて所属事務所に確認したところ事実を認めた」とある。その結果、「同庁の厳重抗議を受け、江角さんは19日に加入したという」
 そうか、未加入だったのか、で、過去、二年間分だったかを支払ったのだとか。御蔭で釈迦保険庁としては加入者が一人増え、その上、なかなかの額が懐に入った。メデタシ、メデタシ…、という話しではないようである。

More
[PR]
by at923ky | 2005-05-22 10:37 | コラムエッセイ

有害図書って何

 仄聞するところによると、今月から東京都青少年育成条例の改正に伴い、有害図書の扱い方について大きく様変わりするとか。
「条例では、出版社側が独自に成人マークをつけている雑誌などに対し、包装への「努力」が明記された」ことにより、出版業界の自主規制の形で、シールを貼るなどして出版業界は対応に大童のようである。
 成人向けの出版物だけにシールを貼ればいいかというと、そうはいかない。今、雑誌などの売り上げで大きな割合を占めているコンビニ業界。この業界の意向が大きく出版界を左右している。「コンビニや取次会社が『シールを張ってない雑誌は扱わない』と判断したら、出版社はやるしかない」とか。

【Publicity】:「なぜこんなに静かなのか?」 ~不健全だよ改正都条例(その2)

More
[PR]
by at923ky | 2005-05-21 23:25 | コラムエッセイ

梅雨のあれこれ(紫陽花編)

 6月というと、何を真っ先に思い浮かべるだろう。紫陽花。ちょっと早いけど蛍狩り。未婚の女性などは、ジューンブライドを連想されるだろうか。まあ、北海道は別として梅雨を思い浮かべられる方が多いのではなかろうか。
 東京もほぼ例年通りの10日、梅雨入りが宣言された。日中は、東京の都心では雨が降らないどころか、晴れ間さえ望まれて、おいおい気象庁さん、ちょっと焦ってんじゃないの、と思ったが、さすが、伊達に気象庁さんが宣言されたんじゃないんだね、その夜、遅くになってからだが、シトシトといういかにも梅雨を感じさせる雨が降り始めた。
 ただ、なんとなくからっとしている感じがあって、ジトジトはしていない。湿度の低い雨降りでは、今一つ、梅雨の感じがしないのである。
 梅雨は鬱陶しいね。でも、齢を重ねたせいか、なんとなく長雨もそれなりにいいかなと思ったりする。肌がなんとなくしっとりした感じがあるし、草木が潤いを得て緑が一層、濃くなる。葉裏を伝う雫をじっと眺めているだけでも、何か、ホッとするものを感じる。
 「緑滴る」とか、「風薫る」などの言葉は梅雨の時期を表した言葉(季語)ではないが、小糠雨に濡れそぼつ木々や名の知れぬ草たちを見ていると、つい、緑滴るなどと表現したくなる。

More
[PR]
by at923ky | 2005-05-21 23:15 | 随想

「ツツジの季節が終わる」拾遺

[以下は、「ツツジの季節が終わる」に寄せてくれたN氏のコメントへのレス集です。N氏のコメントを掲げることができないのが残念。]

ツツジの季節が終わる(04/05/15)

 Nさん、こんにちは。
 コメントをありがとう。
 科学ネタにも弱い小生です。待ってましたのコメントでした。
 そう、光合成のことはいろんなサイトで、分かりやすく、あるいは専門的に書いてあっても、花びらのことはあまり書いていない。つい、光合成=葉っぱ、つまり緑の葉っぱを素人たる小生は単純な連想をしてしまうのです。
「基本的に、花びらと葉っぱの構成物質は変わ」らず、「基本的に葉も花びらも、日光(紫外線)に対する耐性は同じ」というのは、納得です。
 そう、その点を知りたかったのです。
 また、「色の違いで、紫外線に対する耐性を計ることはできません。色よりも、組織の構成に因るところが大きい」というのも、なるほどと頷くばかり。
 紫外線のダメージを軽減するメカニズムが細胞壁などにあるとして、そのようなシステムを獲得したというのは、単純素朴に凄いと思います(あるいは、まだ完全には紫外線のダメージを軽減するメカニズムは解明されていないのかな)。
 科学ネタにも弱いので、メカニズムについて深入りはしなくてよかった。
 小生は、ただただ自然の凄さに感動してます。
 エッセイも書けるし、科学ネタにも強いNさん、羨望の念です。また、宜しく。

More
[PR]
by at923ky | 2005-05-14 00:51 | コラムエッセイ

旧日本軍の性的暴力被害訴訟

旧日本軍の性的暴力被害訴訟(03/04/26)

 テレビではほとんど扱われなかったが、しかし、中国や朝鮮の人々を中心に関心を持っていただろう訴訟が、またしても悲しい結末に終わった(以下、朝日新聞4月24日夕刊の囲み記事を参照←2003年)。
 戦時中、旧日本軍に性的暴力を受けたとして中国人女性が日本政府に損害賠償などを求めた訴訟で、東京地裁は、原告の請求を棄却する判決を言い渡したのだ。
 注目すべきは、この裁判でも旧日本軍兵士の加害行為を認定していること。
 その上で、「原告が日本政府に損害賠償を求め得る国際法上の規定はない」ということで、請求を棄却したわけである。

More
[PR]
by at923ky | 2005-05-09 09:10 | コラムエッセイ

赤い星あれこれ

 今夜は、火星が地球に大接近する夜だという。その距離は、約5千5百万キロメートル。月と地球とは、平均すると38万キロメートルというから、ざっとその15倍の距離まで火星が近づくわけだ。

 火星については、雑学的な知識があったり、人それぞれの思い入れがあったりするものだ。
 小生はガキの頃、ほんの一時期、天文少年で手作りの天体望遠鏡で家の庭に立って、月を眺めた時の感動が今も鮮烈である。まだ、小学校を卒業していなかった頃のことだ。その望遠鏡で火星を眺めたかどうかは、悲しいことに覚えていない。
 そのほんの数年前までは、火星に火星人がいるに違いないと思っていた節がある。家には、イギリスのSF作家ウェルズの小説「宇宙戦争」があった。小生は、その世界にどっぷり浸った。
 既にちゃんとした天文学の本(入門書)であっても、否定はされていたが、火星には人工の運河がある。勿論、人工といっても、火星人の手になるという意味だが、宇宙戦争に夢中になった頃は、小生は、火星には火星人はいないと既に何かで読んで知っていた。
 ただ、今は既にいないが、昔は火星人がいて、運河はその名残なのだという説は、信じたくてたまらなかった。

More
[PR]
by at923ky | 2005-05-01 22:20 | 随想

千曲川・信州雑記

 島崎藤村の『千曲川のスケッチ』を読了し、簡単な感想文を書いた。せっかくなので、ここでは、感想文の中では触れなかった千曲川についてアトランダムに書き連ねたい。
 そうはいっても、小生は、千曲川どころか、長野には足を踏み入れたことがない。
 通過だけなら指折りでは難しいほどにあるし、松本市の松本城の天守閣にも四半世紀の昔、登ったことがあるが、長野の地に足を触れたのは、それだけのはずである。
 ま、立山黒部アルペンルートで、長野県の大町から山に上がっていくので、その際に大町にも立ったこともあるのだが、滞在したわけでも、町を散策したわけでもないのだから、やはり、基本的に長野県内の何処をも、まともには訪れていないということになる。
 そこで、例によってネットなどを頼りに、藤村の千曲川をめぐるあれこれを調べてみたい。
 千曲川というと、映画だと、古くは、『千曲川絶唱』がある。小生が中学生になった頃の映画(1967年)である。北大路欣也が主役で、その相手役となる女優は、星由里子だった。他には、田中邦衛、いしだあゆみ、平幹二朗らが主点していた。
 しかし、何より印象的だったのは、病院にあって死の床に就いている北大路欣也の前で、星由里子が着ているものを脱ぐシーンだった。

More
[PR]
by at923ky | 2005-05-01 22:05 | 随想