冷蔵庫のない日々(後日談)

 故障した冷蔵庫のこと。
 やはり、冷蔵庫がないと困る。夕食は外食とか、スーパーなどで買ってきた食材をできるだけ早く食べれば、なんとかなる。極端に言えば、刺身だって食べられるし、冷たい飲み物も、なんとか飲むことができる。
 しかし、朝などは、ダメ。
 仕事で出かける朝は、そんなに時間的余裕があるわけじゃなく、いつしか棚にはカップ麺の類いが山積みとなってしまった。
 水を電子レンジで沸騰させ(ヒーターも故障中)、カップ麺の容器に注ぐ。カップのスープにも同じように沸騰させたお湯を注いで、食べたり飲んだり。
 でも、総菜の類い、お新香の類いは食卓にない! 
 醤油もいいけど、ポン酢がもっと好きで、食べ物にかけて味付けするけれど、これも冷蔵保存が必要とのことで、冷蔵庫が故障して二週間経った昨夜、とうとう残り半分を捨ててしまった! ああ、勿体無い。
 壊れた冷蔵庫。時間を置けば、そのうち、機嫌を直すかも、改心するかもと思っていたら、ホントに改心しました! なんてことは、ありえないので、とうとう我慢がならずに、新しい冷蔵庫を買うことにした。
 古い冷蔵庫とは、僅か15年の付き合いに終わった(但し、当分、部屋に置いておく。引き取りにも相当に経費が要求される)。まあ、室友だったので、その誼(よしみ)もあるし。
 既に予約してきた。小生にぴったりの可愛い可愛い電子レンジサイズのプチ冷蔵庫。
 暑い季節。大型の冷蔵庫を買うと、小生、その中に入って涼もうなんて了見を起こしそうなので、超小型のものにした。
 が、製氷室はあるものの、冷凍はできないらしく、アイスクリームを食べる生活は依然として夢のまた夢のようだ。
                                     (04/07/07)

[ 本稿には、「冷蔵庫のない日々へ」が姉妹篇としてあります。また、本稿に関連する雑文に「駄句で綴る冷蔵庫のこと(顛末)」があります。 (05/09/03 アップ時付記)]
[PR]
by at923ky | 2005-09-03 06:04 | 日記・雑事


<< 複素数から虚構を想う バーチャルリアリティと現実と >>